前へ
次へ

自己破産は最後の手段となります

自己破産というのは債務でにっちもさっちもいかなくなった時の最終的な手段であると認識しておきましょう。
これは本当に最終手段であると理解しておきましょう。
自己破産ですが基本的には弁護士に依頼することになるでしょう。
弁護士に自己破産を依頼することになりますと予納金が半額になる少額管財制度が、利用できる可能性が高くなります。
ちなみに司法書士などにも破産を依頼することは可能です。
少額管財が適用されない場合、40万円は必要になりますから、結構な負担になるということになります。
自己破産というのはどうしてもやらないといけないような経済状況の場合において行うようなことであるといえますから、軽々しく行うことではないです。
やった場合、様々な制限があるということになります。
例えば、特定の資格などはどうしても使えなくなったりします。
旅行などに対しても制限があったりしますから、これは注意しておいたほうがよいことです。

Page Top